075-584-2977
「きらめき・キセキ・感動」のサービスを創出するエネルギーに溢れた居宅介護支援センターやデイサービスセンターを運営中!カリスマ講師による研修事業も全国展開しています。

スタッフ紹介

倉﨑光代(居宅介護支援・主任介護支援専門員)
主任介護支援専門員

倉崎さんは、滋賀県の居宅介護支援センターで管理者として

勤務していました。

ふくなかま居宅介護支援センターで働くきっかけとなったのは、

社代表取締役社長の眞辺の講演を聞いて「ケアマネジャーと

してのスキルや知識をあげるために勉強したい!!」とふくな

かま居宅居宅介護支援センターで、働きたい!と応募してくれ

ました。

 まだまだ、倉﨑さんと知り合って長くはないのですが倉﨑さん

のお人柄について述べたいと思います。倉﨑さんは落ち着いた方

というのが第一印象です。私的にはとても声がいいと思います。

安心感を与える声なのです。百聞は一見に如かずです。気になる

様には一度ふくなかま居宅介護支援センターへ電話をかけて、

彼女の声を聴いてください。その安心感を感じていただきたいです!!

 そして、仕事面ではITに強く、パソコンの入力の速さは凄腕です

ケアマネジャーとしても、法令についても精通していますし、真面目な

倉崎さんは法令遵守を確実にされる信頼おける人だということです。

 あとは素直なところ。教えられた仕事が終わった後は報告・「チェック

してください」と自分から必ず申し出てこられます。環境整備をマニュ

アルの通りにしようと純粋に取り組まれている姿勢は感動します。

 他にも、倉崎さん自身の話では「お酒がお好きだ」ということ、「嫌な

ことがあってもすぐに忘れることができる」だそうです。

 最近では倉﨑さんのかわいらしい一面を知る事がありました。例えば、

パニックになっている時は反復横跳びをして、手はフラダンスの波の手の

動きをします。また急いでいる時の歩いている時の足音は、着物姿の女中が

廊下を走る音(かなり小刻みな足音)です。特有な足音なので「倉﨑さんが

来る!」とすぐわかります。

 いろんな倉﨑さんを知るたびに魅力的な人だと思います。ケアマネジャーと

しても、大変向上心の高い人です。今後の活躍には目を見張るものがあります。

ふくなかま居宅介護支援センターの期待の星です。
                               (山田)

 



西村尚子(居宅介護支援・主任介護支援専門員)
社員

入社日が同じの西村尚子さんを紹介します。
いつも笑顔で色々な事に積極的に対応される

ベテランの主任介護支援専門員です。

電話されている時には「な、なんと?」とよく言われます。
おそらく想定外のことが起きているんでしょうが、落ち着
いて対応されている姿をみるとすごく頼りになります。
前職では京都市外の居宅支援事業所で管理者をされていま
した。管理する仕事の割合が多くなったので、ケアマネと
しての仕事を純粋にやりたいとのことでふくなかまに入
されたそうです。
山科という慣れない地域の中でのバイクの運転は、当初は
大変そうでした。「しんどい、怖い」などの言葉が、最近
では難しい道も「一人で行くわ」に変わってきました。
チャレンジ精神旺盛な方です。
管理者の山田さんとも対等にお話しされ、カッコイイ面も
ありますが、実はお茶目で不器用な所もあります。
日々自分自身を研鑽されており、その姿勢も学びたい方です。
                       (南)


南飛龍馬(居宅介護支援・介護支援専門員)
社員

南飛雄馬(みなみひゅうま)さんを紹介します
南さんは、京都市内の施設介護職員、施設ケアマネを経て、

ふくなかま居宅に令和4年1月に入職されました。

とっても真面目で、コツコツと仕事に取り組まれる方です。
困難なことにぶち当たっても、静かにその壁を乗り越えようとされます。
けれど、職場で一番近くにいる私は知っています。南さんが、
時々「もう~、…はぁー」と小さなため息をつかれていることを…(笑)。
そんな人間臭いところも、裏表がない等身大な感じがして、南さんの魅力を
よりいっそう高めているんだろうなと思います。
穏やかで優しい南さんのまなざしは、きっとご利用者の皆さんから安心と笑顔を
引き出し、お互いの信頼も厚くなるに違いありません。
ところで、家に帰ると何よりも家庭を大事にされる、素敵なパパさんなんですよ。
                                (西村尚子)


野村三佳(デイサービス・看護師)
非常勤社員

 

野村さんは、看護師さんで、基本的には毎週水曜日に来てくださいます。

それと、永井看護師が休みを欲しいときに来てくださいます。

北海道出身でいつも元気いっぱいでパワーが溢れている方です。

ご利用者にいつも明るく話しかけて、

冗談も混じって笑いで満たしてくださる・・・そんな野村さんです。

ご利用者の朝のバイタルを測ってくださるのですが、

 体温にしても血圧にしてもうまく測れないとき(エラー)が時々あります。

そんな時にいつも

「ごめんなさい。私に似てこの機械よくさぼるのよ。申し訳ないけどもう1回測らせてもらっていいですか?」

 っておっしゃいます。

だいたいご利用者が腕を動かしたりして測り直しになることが多いのですが、

決してご利用者を責めることはされません。

こうしたちょっとしたところにプロ意識を感じさせてくださる野村さんです。

(福浦)

 



平野好恵(デイサービス管理者・相談員兼介護職)
主任

 平野好恵(デイサービス・相談員兼介護職)主任

 

デイサービスの主任である平野好恵(ひらのよしえ)さんを紹介したいと思います。

デイサービスが開設された2017年6月のスタート時から働く平野さん。働く姿はまさにスーパーウーマンです。いつもニコニコ笑顔でご利用者様とコミュニケーションを取り、柔らかい笑顔と言葉で癒し包み込んでくれる、デイサービスにはなくてはならない存在である平野さんは、介護一筋20年以上の大ベテランでもあります。知識も経験も豊富で周りから頼られ、時にデイサービスの記憶箱(メモリースティック)的な存在でもあります。とにかく、記憶力がすごくどんなことでも答えてくれます。「平野さんがわからないなら、もう仕方ない…」と、なるほどの記憶力なのです。

そして、ふくちゃん(うさぎ)の良きお姉さんでもあります。平野さんに撫でられているふくちゃんの気持ちよさそうな表情を一度観ていただきたいほどです。

 

それでは最後に「ふくなかまの絶対的存在!」と言っても過言ではない

平野さんのプロフィールをどうぞ↓↓

 

・身長:168cm

・出身地:愛知県

・地元の自慢:お魚が美味しい。田舎。

・好きな映画:パッチアダムス

・一度は行ってみたい場所:スペイン、サグラダファミリア

                                                                                                            (西井 大豪)

 

 



山田友紀(居宅介護支援管理者・主任介護支援専門員)
取締役

   取締役の山田友紀さんを紹介します。


山田さんは20歳の時、福祉系短大で介護福祉士を取得しました。卒業後は、出身地である大阪府下の高齢者福祉施設で勤務しました。当初は介護職でしたが、1年後「相談職」として当時の新規施設の責任者から大抜擢されたそうです。


山田さんが持つ本来のリーダー気質、利用者を第一とするサービス姿勢や結果にこだわるセンスがきっと評価されたのだろうと思います。それは、決して外見の見栄えの良さや底抜けに明るい振る舞いだけでのし上がってきたのではない本人の努力の賜物です。(本人曰く、これホントです!!


居宅介護支援事業所でケアマネジャーとして働いている時には、さらに学習欲の高い実践を展開します。プライベートの時間も使いながら、全国に名の知れた講師の研修や講演に積極的に参加するようになります。それが縁で、私眞辺と出会うことになり、一緒に会社を興す活動に参画してくれるようになりました。人生は何がきっかけになるか分かりません。


20187月からは私に代わってふくなかま居宅介護支援センターの管理者に着任しました。リーダーの資質として必要な早い決断力と行動のおかげで、支援困難といわれた利用者はもちろん、周りの関係者からの信頼もかなり厚いものを得てきました。


何よりも、明るく華やかな中にも繊細な心遣いのあるコミュニケーション力は目を見張るものがあります。実際に何人もの利用者や家族の険しい顔が劇的に笑顔の対話に変わっていきました。まさに「歩くパワースポット」として周りにプラスのコミュニケーションや行動変容を巻き起こします。この実践の内容は、拙本「コミュニケーションの技術 聴く力と伝える力を磨くコツ」(2018年中央法規)の中のコミュニケーション事例やコラムに描かれています。

 

 

ただし、ここで暴露してしまいますが、この力を活用できるのは不思議に山田さんがケアマネジャーとして援助している時に限ってなんです。普段の人間関係でも頑張ってほしいところです。こういったギャップが山田さんの人間っぽいチャームポイントなんでしょう。いずれにしても、私史上最強なパワースポットであることに変わりありません。

 

 

 

2020年になってからは、これまでの努力が実り、通信制の4年生大学を卒業、見事社会福祉学の学士号を修得しました。それに伴い社会福祉士受験資格を得ています。また、コーチングのプロの資格を取得するための民間会社による学習にチャレンジし、(一財)財団法人生涯学習開発財団認定コーチ資格である「認定コーチ」(初級レベル)と「認定プロフェッショナルコーチ」(中級レベル)の試験に一発合格しています。さらに、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定の「アンガーマネジメントファシリテーター」資格も取得し、未来のカリスマ講師の基盤作りに着々と取り組んでいるところです。彼女の成長は止まることを知りません。これからも頼りになる相棒です。(眞辺)


 

 

 



福浦孝子(デイサービス・相談員)
取締役

 

デイサービス開設から3年が経ち、一緒に働く仲間として、活躍する姿を紹介します。

 

 管理者・相談員として、全ての窓口を一手に担っています。

担当者会議へは、バイクで山科区内を駆け抜けます。

 

 そんな福浦さんは、管理栄養士でもあります。「食事がおいしい」と大好評の昼食は、

福浦さんがいるからこそ成立しています。メニューを考え、時には20人分以上の食材を、

1人で手際よくカット、味付けしてくれています。小さな身体をフル回転させ、食事を作ってくれています。

忙しい中、「どうやって作るの?」「今日は何?」等、ご利用者からの質問にも笑顔で答えています。

もちろん、手は休まず動き続けています。

 

 また、動物大好きの福浦さん。2匹の猫の飼い主さんです。

「ふくちゃん」も福浦さんが大好きです。出勤すると、ふくちゃんから熱烈な愛情攻撃を受けています。(平野)

 



永井さゆり(デイサービス・看護師)
取締役

 

デイサービス開設から3年が経ち、一緒に働く仲間として、活躍する姿を紹介します。

 

 看護師として、ご利用者の体調管理、薬を塗ったり、ガーゼの交換等処置をするのは当たり前。

ただ、永井さんはこれだけでは終わりません。

 

 ある時は送迎時のドライバー、ある時はTシャツ・短パン姿で入浴介助、ある時はトイレにて排泄介助、

ある時はエプロンをつけて昼食作り、ある時はおくどさんにてご飯炊き、ありとあらゆる場面で大活躍のスーパーウーマンです。

ご飯炊きに関しては、デイサービスで1番です。本当においしく炊き上げてくれます。

「永井さんは看護師さん?」と聞かれてしまうくらいです。

 

 そんな永井さんにも弱点があります。それは、孫の「ハヤトくん」です。

娘さんから送られてくる動画や写真を見ては、デレデレになっています。(平野)

 



眞辺一範(居宅介護支援・主任介護支援専門員)
代表取締役

代表取締役社長 主任介護支援専門員 天才スーパーバイザーの眞辺一範氏を紹介いたします。

 私、山田が眞辺さんのもとでコーチング、ケアマネジメント、人材育成(マネジメント)等を学ぶようになり、もう7年以上たちます。眞辺さんのもとで学ぼうと決めた理由は、「利用者ファースト・バイジーファーストを徹底した姿勢」と「理論と実践」です。全国に眞辺さんを慕うバイジーさんが存在します。

その数は100を超えるそうです。

毎晩のように、グループスーパービジョンを開催されている眞辺さん。

多忙な眞辺さんの睡眠時間は4時間とききます。

眞辺さんは「人が成長する姿がなにより嬉しい」とおっしゃいます。

眞辺さんは、この株式会社ふくなかまジャパンで、大きな夢を実現しようと今、一歩一歩進んでいます。

努力家で人の成長を心から喜べるお人柄が魅力でもあります。

 眞辺さんの紹介を語るには、これだけでは足りません。

 時折更新していきたいと思います。          (山田)