スタッフ紹介

山村由紀(居宅介護支援・介護支援専門員)
常勤社員

    ふくなかま居宅介護支援センターのケアマネジャーである山村由紀(やまむらゆき)さんを紹介いたします。

 

山村さんは、左京区で生まれ、左京区で育ち、左京区で現在もお住まいの生粋の京女です。介護・福祉との出会いは35歳の時で、お父さまの介護に役立つようにとホームヘルパー2級の研修を受けたのがきっかけです。

 

資格取得後、パートヘルパーとして勤務され、その後介護福祉士にも合格されました。介護支援専門員の資格を取ってからは、常勤として5年以上にわたり居宅介護支援事業所でケアマネジャーとして働いてこられました。

 

ふくなかまに来られた理由は、弊社社長の眞辺の講義を聞き感銘したからだそうです。ケアマネジャーとしての成長を切に望んでおられます。実際に行動を起こす圧倒的な向上心です。

 

初出勤の日、初対面の山村さんと言葉を交わした瞬間は今も印象的です。親近感が溢れる大きな黒い瞳と笑顔に一瞬で惹きつけられました。

 

しばらく会話をしただけで、話題の引き出しがとても多いことにも気づかされました。ケアマネジャーとしてはもちろん、山村さんが語る豊富な知識は、生活の中で起こる身近な出来事や、仕事やプライベートで関わる様々な人に対して、深く関心を持っている証拠だと感じました。

 

特にご家族やお友だちを大事にされています。大好きな趣味の登山や旅行などで多くの見聞を広めておられます。豊かな人間性と支援者としての確かな能力の高さを確信させます。何よりもバイタリティ旺盛な魅力的な女性です。

 

職場内ではあっという間に打ち解けていました。相手が話したい話題を自然に引き出すことができるコミュニケーション力にも恵まれているからです。いつのまにか自分の話しを山村さんに聞いてもらいたくなるような心地良さを感じます。一緒の時間を共有する度に信頼感も強くなります。

 

これからは、山村さんの素敵な笑顔や周囲をより良く変える力で、ご利用者やこの地域にたくさんの福を呼び寄せてもらいたいと思います。そして、ふくなかま同志で繋がり合い、支え合い、成長し合えると信じています。一緒に働くことができるご縁に感謝でいっぱいです。(森本)

 



森本小依(居宅介護支援・介護支援専門員)
主任

  森本小依さんを紹介します。

 

   数年前になりますが、最初に森本さんに会ったとき、名前の小依はなんと読めばよいか分かりませんでした。“こより”ではありません。“さえ”でもなく、実は“さより”さんです。

 

  第一印象は内向的で、その名前や語り口調からも京都の女性らしく、大人しい謙虚で丁寧な印象を受けました。実は、大阪生まれの京都育ちで、本人曰く「自称、関西人」だそうです。

 

  森本さんは感受性が強く優しい性格なので、他人の言葉に影響を受けやすい面もありますが、人の悩みにはとっても親身です。公私共に人との関係を大切にしています。感謝の言葉や非を詫びる言葉を伝えるときはいつでも「とんでもないことです」という言葉がはんなりと返ってきます。

 

  しかし、外見や名前からくる印象と違って、内側は独立心がとても旺盛な人です。たやすく他人や環境に依存しようとしない厳しい面も持ち合わせています。仕事ぶりを見ていると、どんなことも手を抜きません。与えられた仕事は責任を持って最後まで着々とやり遂げる力があります。ピンチにも粘り強いのが特長で、急激に担当利用者数が増えた時や、他のケースをフォローしなければならなくなった事態においても慌てず飄々(ひょうひょう)と取り組んでいました。将来さらに責任者となる素材の持ち主です。

 

  一方、仕事も遊びも一生懸命で、ライフワークバランスに秀でています。仕事の合間などのほんの少しの時間を惜しんでお酒やおしゃべりを楽しみ、山歩きや旅行をエンジョイしています。森本さんは自分の力で人生を豊かにしようと努めるカッコイイ女性です。(眞辺)


 

 



西井大豪(デイサービス・介護職)
常勤社員

ふくなかまデイサービスセンター社員の「西井大豪(にしいだいごう)」さんを紹介します。

彼は、眞辺さん以外で唯一の男性です!細身で長身!!

きっと、デイサービスのご利用者、特にマダムから熱い眼差しを受ける存在になっていくと思います。とても優しくて、笑顔が素敵な西井さん。今回の事務所の引越しやデイサービスセンターのオープンに際しては、「西井工務店」を開店いたしました。DIY(日曜大工)のテクニックがとても高いので、いっぱいいろんなものを取り付けてくれて助かりました。

そんな彼にインタビューを行いました。

Q:趣味は?

  「レコード収集と絵を描くこと。」

Q:ふくなかまジャパンを選んだ理由は?

 

 名前が素敵、②自分の思い描くものと一致するものが多くて。③眞辺さんの視野の広さ、先見の明!③自分の夢を叶えられる希望がある。」

Q:その「夢」とは何ですか? 

  「うーん、うまく言えないけど、介護施設に入ったら終わりではなく、そこからまた始まる、その先がある。その先を一生懸命勉強したい。コミュニティを作りたい。自分がいいと思うものがある場所。そこに行けば会いたい人に会える、したいことができる場所。今は、まだうまく伝えられないけれど。僕は、面白いものに対して貪欲!!。お金も時間もいとわずつぎ込んでいます。もうひとつの夢は、…実は“いくら”のお風呂に入りたい!!。バスタブにもいっぱい。いくらのシャワーを浴びて、片手にご飯を持って入るお風呂。最高~!!

 Q:10年後の自分は?

  「“ニコニコ ハッピー”といい続けて、笑っています!。」

  少し風変わりだと、感じていましたが、ここまでとは()()。いろんな仲間が集まって個性豊かだけれど、みんなが違うなかでも同じ方向に進んでいる“ふくなかまジャパン”です。皆様、西井大豪さんを、よろしくお願いいたします。  (福浦)

 

 



平野好恵(デイサービス・相談員兼介護職)
主任

 

ふくなかまデイサービスセンターの相談員兼介護主任の平野好恵さんを紹介します。

 

201761日から新しく私たちの仲間に加わってくれた平野さんは、特別養護老人ホームを中心に20年以上介護職一筋に取り組んできたベテランさんです。介護主任として、部下の成長をしっかり見ながら適切な指導ができる逸材です。

 

平野さんの目指す介護の方向性は、「一人ひとりの生活全体をしっかり把握し、その方のしたいことを叶える」ことです。このこだわりは一人の利用者さんとの出会いがあったからだと聞いています。

 

施設での夜勤のときでした。体調がすぐれない利用者さんが「アンパンが食べたい」と平野さんにはっきりとした口調で要望してきました。何とか食べさせてあげたいとは思ったものの、起床時のあわただしい業務に追われてそのまま平野さんは帰ってしまいました。その直後、その利用者さんは緊急入院し二度と会うことはありませんでした。“あの時にすぐ買ってきてあげたら”との後悔が強く残る体験となりました。

 

彼女が徹底的に個別ケアにこだわる介護を実践する原点がここにあったのです。利用者さんに真摯に向き合い、強い意志を持ち着実に実践を積み重ねていく姿勢に魅力を感じます。

ふくなかまを選んだ最大の理由は「したいことができそう」だからと笑顔で語ってくれました。「きらめき・キセキ・感動」を一緒に実現してくれる信頼できる仲間を得ることができて感謝です。(永井)



山田友紀(居宅介護支援管理者・介護支援専門員)
取締役

   取締役の山田友紀さんを紹介します。


山田さんは20歳の時、福祉系短大で介護福祉士を取得しました。卒業後は、出身地である大阪府下の高齢者福祉施設で勤務しました。当初は介護職でしたが、1年後「相談職」として当時の新規施設の責任者から大抜擢されたそうです。


山田さんが持つ本来のリーダー気質、利用者を第一とするサービス姿勢や結果にこだわるセンスがきっと評価されたのだろうと思います。それは、決して外見の見栄えの良さや底抜けに明るい振る舞いだけでのし上がってきたのではない本人の努力の賜物です。(本人曰く、これホントです!!


居宅介護支援事業所でケアマネジャーとして働いている時には、さらに学習欲の高い実践を展開します。プライベートの時間も使いながら、全国に名の知れた講師の研修や講演に積極的に参加するようになります。それが縁で、私眞辺と出会うことになり、一緒に会社を興す活動に参画してくれるようになりました。人生は何がきっかけになるか分かりません。


20187月からは私に代わってふくなかま居宅介護支援センターの管理者に着任しました。リーダーの資質として必要な早い決断力と行動のおかげで、支援困難といわれた利用者はもちろん、周りの関係者からの信頼もかなり厚いものを得てきました。


何よりも、明るく華やかな中にも繊細な心遣いのあるコミュニケーション力は目を見張るものがあります。ただし、相談職をしている時に限ってですが…。実はこのズッコケな感じが山田さんの人間っぽいチャームポイントです。


現在も他の国家資格の取得やコーチングのプロの資格を取得するための学習にチャレンジ真っ最中です。彼女の成長は止まることを知りません。これからも頼りになる相棒です。(眞辺) 


 

 

 



福浦孝子(デイサービス管理者・相談員)
常務取締役

常務取締役の福浦 孝子さんを紹介します。

福浦さんは九州の血を受け継いだ、京都生まれの京都育ちです。

「はんなり」とした女性らしさが魅力です。

ビジネスでは、栄養士として病院勤務、そして、介護業界では25年、現場実践の経験を有します。これまで、管理栄養士、介護支援専門員、副施設長の経歴があります。

専門分野は人材育成、施設運営、認知症ケア、介護、会社・施設の立ち上げ等です。

福浦さんは、ポジティブ思考。判断力・行動力のスピードが非常に早い方です。

難題にぶつかってもいち早く、目標へ向かえるように軌道修正し、順調にしてしまう能力が高い方です。この福浦さんのノウハウや思考力を、(この紹介文を読んでくださっている)あなたの職場に取り入れてみてください。あなたの会社・施設が秘めている力や可能性を引き出し、前進させることができるのが福浦 孝子さんです。

私は福浦 孝子さんをリスペクトしています。

最後に福浦さんは愛猫家です。猫モチーフの持ち物が多く、とてもキュートなんです!!

(山田)



永井さゆり(デイサービス・看護師)
専務取締役

専務取締役の永井さゆりさんを紹介します。

永井さゆりさんは、看護師として医療現場での経験後、20年以上にわたり介護福祉業界で相談業務や管理業務に携わってきました。
その温厚で粘り強い姿勢は、多くの人を魅了し、安心して関わることができる人間力を感じさせます。
ペルシャ猫のような少し緑を帯びた眼差しで優しく見つめられると、どんな難局も乗り越えていけそうな気にさせてくれるので、何とも不思議な能力を持ち合わせています。
永井さんの最大の強みの一つは、固いコミットメント力です。どんなに小さな約束でもしっかりと覚えていて、それを確実に達成します。無理難題なことも、決して安易に諦めることなく、涼しげに事に向かいます。このようなしなりがあるからこそ、周りからの信頼も厚くなるわけです。
ちなみに、若い頃からずっとジュリーこと沢田研二の大ファンで、今もそのエネルギーは一切色褪せていません。このエピソードからも、永井さんの一途さが伝わってきます。
永井さんは私にとって、正真正銘信頼できる人材です。(眞辺)



眞辺一範(居宅介護支援・主任介護支援専門員)
代表取締役

代表取締役社長の眞辺一範さんを紹介します。

眞辺さんは、医療ソーシャルワーカーを経て、介護施設や事業所の施設長を務めました。その他にコーチングやコミュニケーション、ケアマネジメントをテーマとした研修講師を全国で繰り広げています。また、佛教大学の非常勤講師もしている、とてもバイタリティのある人です。

私が最も信頼し、一緒にいるといつもワクワクさせてくれます。ふくなかまジャパンで一緒に仕事をすることができて、とても嬉しく思っています。そんな眞辺さんにインタビューしました!!

Q、ふくなかまジャパンでやりたいことは?「夢」は何ですか? 

A、仲間ひとりずつの夢が叶う事業展開が「夢」です。「夢」が集まってくるところにしたいね!

 

Q、大切にしていることは何ですか?

A、人とのつながり、信頼関係を大切にしています。また人の健康(心身ともに)を大切にしています。

 

Q、1日の中で好きな時間は?

A、空を見上げているときです。朝、家を出るとき、車に乗るとき、お昼の訪問時、夜、家に帰ったとき。その時、その時空には太陽や雲や月があります。それらを普段は忘れてますよね。すぐそばにあるのに、見上げなければ気付かない。その空を見ていると、自分の悩みがちっぽけなものに思えて、また頑張ろう!って気になるんだよね。

 

 Q、最後に、何か言いたいことありますか?

A、「おいしいソフトクリームがいっぱい食べたい!!」

               

・・・・・・・・・ダメです。ダイエット!!(福浦)

 

(本人申告)

※好きな食べ物 ソフトクリームと明石焼き(玉子焼き)

  苦手な食べ物 かぼちゃ、あんこ