インフォメーション

2017-01-16 16:25:00

社内研修.jpg

本日、1月16日(月)は、社内研修を行いました。

テーマは「傾聴・承認・フィードバック」です。講師は山田さんです。
講師をやる本人が一番成長します。
私たちは社内研修でも講師を代わる代わる、全員が行っていきます。

 

傾聴・承認・フィードバックは、眞辺さんの定義される

「スーパーバイザーのコアコンピテンシー(行動特性)」の初級の技術です。

初級技術とは言え、奥は深く、学ぶことは尽きません。

承認と、褒めることや賞賛とは意味、意図が違いますが、スキルとして使い分けられていますか?
承認は、普段から関心を持って人を観察し、些細なこと変化を見つけた時に、いち早く、相手の目を見て、短い言葉で伝えることが重要です。できていますか?
ケアマネジャーとして、対人援助職として、そして、職場の円滑なコミュニケーションや人材育成のため、様々なスキルの研鑽はかかせません。
そして、身につけたいスキルは、今日からやる。決心へのコミットメントを強く行っていくということも、本日学びました。

今後も社内研修を続けていきます。またご案内しますので、ご参加ください。共に学び、実践につなげていきましょう。